梅雨も終わりが近づき、だんだんと気温も上がってきました。

高い気温と湿度はカビが繁殖しやすいです。

カビを放置すると一面に広がっていきます。

お風呂場クリーニング前

 

カビの繁殖しやすい温度は20~30℃と言われています。
体を洗い終わったら石けんや垢が飛び散りやすい個所を熱めのシャワーで流します。
まずは熱湯でカビの元を絶つということです。
熱湯をかけただけでは、浴室内が徐々に冷めていきカビの繁殖しやすい温度に保たれてしまいます。
最後に水シャワーに切り替えて室内を冷やしましょう。
ベストな方法としては熱湯をかけた後に、水をかけるということです。
熱湯でカビを死滅させた後、冷水で繁殖を防ぐことで最大の対策ができるでしょう。
カビは乾燥した部分では繁殖ができないものがほとんどですので、しっかり換気をします。
窓を開けて換気扇を回すと、浴室内に風が通るので早く乾燥していきます。

お風呂場クリーニング後

カビの一番の原因は”湿気”です。
この湿気は、上記の毎日簡単掃除を続けると大分改善されると思います。
冷水シャワーで浴室の温度を下げ、
拭き上げを行うことで湿度はかなり下げられます。
さらに、お風呂上りに換気扇を回すことを忘れずにしましょう。