Air Conditioner Cleaningエアコンクリーニング(家庭用)

エアコン内部にホコリや汚れが溜まると、モーターのパワーや熱効率が低下し、電気代のムダにつながります。
特に吹出口から嫌な臭いがしたら要注意!プロによる分解徹底洗浄なら、ご家庭用のエアコン本体を分解した後、部品を含めてエアコン内部の隅々までカビや汚れを細かく徹底洗浄。嫌な臭いやハウスダストをしっかり除去します。

料金について

エアコンクリーニングG<壁掛けタイプ>

エアコンクリーニングG

外装パネル・フィルター・ドレンパンを分解洗浄し、冷却フィン・シロッコファンを高圧洗浄します。

料金(税別) ¥11,000

エアコンクリーニングG<お掃除機能付き壁掛けタイプ>

エアコンクリーニングG

お掃除機能と言ってもフィルター部分のみの掃除がほとんどで、ソレ以外の部分まではお掃除できません。グッドハウスでは自動でお掃除できない部分まで、しっかり分解洗浄します。

料金(税別) ¥19,800

Option Service

上記の基本のクリーニングに加えて、以下のオプションがお選びいただけます。

オールチタン(AT254)コーティング<エアコン>

オールチタン(AT254)コーティング

安全性の高いハイブリッド新触媒「オールチタン(空気触媒+254菌対応抗菌・防カビ剤)」の液剤をエアコン内部にコーティングします。クリーニング後に行うことで、防カビ・抗菌・消臭効果によりエアコンをキレイに保ちます。

料金(税別) ¥4,000

室外機クリーニング

室外機クリーニング

室外機がホコリや細かなゴミで汚れていると、エアコンの冷暖房能力の低下や不快音などの原因になります。エアコンとセットでクリーニングすれば、より長く快適にエアコンを利用できます。

料金(税別) ¥6,000
※ マルチタイプ室外機は、業務用エアコン室外機と同じ11,000円で承ります。

エアコン用AT254吸着フィルター<家庭用>

エアコン用AT254吸着フィルター

防カビ・抗菌・消臭効果のあるオールチタン(AT254)を含浸させた、PM2.5対応の高機能エアコンフィルター。ホコリやダニ、花粉、タバコのヤニなどが内部に侵入するのを防ぎ、カビの発生を抑制します。エアコンの大きさに合わせてカットできます。取り付け・交換が簡単なマジックテープ式。

※2m以上は別途お見積りいたします。
400mm×800mm 5枚入(税別) ¥5,000

エアコンクリーニングの施工内容について

Before_after

エアコン内部に隠れた冷却フィンやフィンの裏側の送風ファンの汚れは、外からいくら拭いたり、こすったりしても落とすことはできません。エアコンを分解して、高圧洗浄機を使って一気に内部の隅々まで洗浄することが必要となり ますが、一般のご家庭には機材がなく、電気回路の保護など難しい作業となってしまいます。
冷房運転時に、結露した水を溜めるのがドレンパン(↑の画像右)で最もカビの生える場所です。
ドレンパンを分解して隅々までキレイにするには、高度な技術が必要です。グッドハウスは、このドレンパンまでしっかり分解洗浄します。
プロでも分解作業が難しいため、ドレンパンまでは分解作業を行わない業者もあるくらいです。

施工箇所(所要時間1.5 時間)

【 分解洗浄 】外装パネル 【 分解洗浄 】フィルター 【 分解洗浄 】ドレンパン 【 高圧洗浄 】冷却フィン 【 高圧洗浄 】シロッコファン

エアコン内部にホコリや汚れが溜まると、モーターのパワーや熱効率が低下し、電気代のムダにつながります。
特に吹出口から嫌な臭いがしたら要注意!プロによる分解徹底洗浄なら、ご家庭用のエアコン本体を分解した後、部品を含めてエアコン内部の隅々までカビや汚れを細かく徹底洗浄。嫌な臭いやハウスダストをしっかり除去します。

※お掃除機能付きのエアコンについては、施工内容・所要時間が変わります。

キッチン掃除のサービスを動画で紹介!

Q&Aよくあるご質問とその答え

Q市販の洗浄スプレーでは綺麗にならないの?
A内部のカビやホコリは除去しきれません。
市販の洗浄スプレーを使用した場合、奥までは届かずに洗剤が残留し、気化して室内に送り込まれ目がチカチカしたり、ドレンパン(水受け皿)に溜まって腐乱し、悪臭を放つ場合もあります。プロによる分解徹底洗浄なら、内部の隅々まで洗浄できるので安心です。
Q クリーニング後、カビ臭は取れるの?
A 取り除かれます。
カビ臭の原因のほとんどが冷却フィン・本体内部のカビ汚れですので、エアコンの分解洗浄で取り除かれます。
但し、ごくまれにその原因が、本体裏側(本体と壁の隙間)・ドレンホース内部のカビによるもので、この場合本体の分解洗浄だけでは対応できません。
Qエアコンの内部はくらいの頻度で掃除するのがよいの?
A年1回程度が標準的です。
使用頻度、使用状況にもよりますが、年1回のペースで頼まれる方が多いです。